<< くろごまちゃん コンビニ前にて >>
釣りレベル10 - 相模湾に挑む - sanpo
1年で1番混み合うであろう日の江の島からのご来光を。
c0188875_12181224.jpg

対岸で海水浴客がごった返す数時間前、堤防の駐車場が開く5時に釣り師達の場所取り合戦が繰り広げられているとは今まで知りませんでした。
さー、待っていろ。駿河湾のマグロよ。



c0188875_121828100.jpg

私だけ竿持って走ってなんとか場所を確保。この竿が並んだ風景が好きだ。
まー混んでるってことなんですが・・・
色々セットして落ち着いたころさっそくお弁当を。
明太おにぎり、梅かつおにぎり、ハンバーグ、煮玉子。前日の夕飯と同じメニューです(笑)
c0188875_12184911.jpg

全然釣れないのでお散歩。
有名な江の島猫に遭遇。お花をはむはむしている最中。
c0188875_12191794.jpg

帰ってきても釣れない。
前日はメジナ入れ食いだったらしい。周りを見渡しても釣れていない。
ウニをつけて投げ釣りしているおじ様に「なにが釣れるんですか?」とド素人な質問を。
「石鯛を狙っています」
と。お話をきくと1年中江の島で石鯛1本で勝負しているとのこと。竿も専用竿。針でかっ。
おじさま達のお仲間も石鯛狙いらしくウニ、カニ、サザエと食べたくなる豪華な活き餌が並ぶ。
「今日は潮の流れのせいでお魚いないね」
と言われたので「調子のいい日は石鯛何匹釣れるんですか?」とド素人な質問に苦笑いされ
「良い時で1匹。江の島全体で1匹」
と言われる。
1日釣れなかったぐらいで落ち込んでる場合じゃないなと釣り師の忍耐力に脱帽。
しかし、常連の石鯛師達はほんと仲が良い。
お弁当を一緒に食べ、語らい、笑い、おやつを分け合い、1つパラソルの下に入って海を眺める。
カップルかっ!
いや、ほんとに羨ましいほどの友情です。
釣れなくてもニコニコと一緒に帰る。みんなお酒でも飲んで次回の石鯛について語らうんでしょうか。
Mugyさんにも釣りのお仲間が出来ればワシも安心して隠居できるというものじゃが(ゴホゴホ)

本日の釣果。
c0188875_12194166.jpg

初のWボウズにおじ様がカキ氷を買ってくださいました(号泣)
すごいおいしかったです。ありがとうございました。何故わたしが練乳大好きとわかったのでしょうか。
c0188875_1219574.jpg

まさか江の島で日の出と日の入りを見ることになるとは(笑)
この後、夕まずめ狙いの達人っぽいおじ様が隣にきてバッカンに撒き餌配合しだしたので
しめた!と思い(できたコマセを2つ持ってきてたけど魚よってこないので2つ目開けてすらいなっかった)
竿を握り直し戦闘準備。カキ氷のおじ様にも「他人のエサで魚を狙う」と言われる(笑)
しかしバケツ1杯撒いても達人にアタリすらでていなかったです。
なんなんでしょうね・・・
底まで透けるほど海が綺麗だったのがいけないんでしょうか。綺麗な水のお魚食べたかったです。
前日、爆釣で翌日みかけすらしないとは釣りも奥が深い。
はじめて14時間釣り場に滞在。翌日ちょっとダウン。陽に当たる気力が・・・
もともと太陽嫌いな超インドア派なので。
Mugyさんは3本目の竿の調子を探るべく1人で公園に釣りに出掛けて行きました。
海が今までにないくらい(といっても1カ月でですが)茶色く濁っていたそうです。小魚を釣ったご様子。
透けすぎたり、濁りすぎたり。空のご機嫌と海のご機嫌を見なければいけないようです。
道は険しいね。
いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ ファイブスタイル ブログランキング

[PR]
by nonohominy | 2009-08-17 12:28 | 海・魚・釣り
<< くろごまちゃん コンビニ前にて >>